シンガポールと東京のだいどころで
by xizi62
2013年 12月 14日

ベジサンドが好きだった

またまた食べものの温度の話。

先日、カフェでベジサンドを頼んだら、パンも野菜も冷たくて、なんだか寒々しい気持ちになってしまった。ああ、だから日本ではあまりベジサンドを食べなかったのだなあ、と思い出す。冷蔵庫から出したばかりの新鮮野菜、おいしいはずなのだけど、この季節は少々つらい。
f0003871_18570066.jpg
こちらは、ボランティアガイドをしていたアジア文明博物館近くのカフェでよく頼んたベジサンド。ベジといってもチーズが程よく入っている(シンガポールは乳製品OKのベジタリアンが多いため)。野菜も、グリルしたズッキーニやナス、パプリカ、そしてルッコラがたっぷり。日本ではありそうにないサンドウィッチだ。冷たくもなく、熱くもなく、ちょうどいい感じ。

常夏のシンガポールには、常温という食文化があり、それがとても気に入っていたのはここここにも書いた通り。さて、四季のある日本では?夏には冷たいもの、冬には温かいもの、それがいいのだろうか。続きは次の記事で。






[PR]
# by xizi62 | 2013-12-14 18:44 | 食べものの温度 | Comments(0)
2013年 10月 27日

スイートチリソース

だいどころにこもって、なんだかんだと実験料理を作るのは楽しいけれど、今はどちらかというと、誰かが作ったアイデアいっぱいの料理を食べるのが好き。というのも、東京のごはん事情は5年の間に激しく変化&進化していて、あちこちで「へえ!」「ほお!」と驚く食材や料理がたくさんあるから。

前記事にも書いた「しまたい食堂」でみつけたこの調味料にも大いに驚かされた。
f0003871_17591539.jpg

「美味しい世界旅行」(ゆ)さん手作りの、富山のイカの魚醤と水あめを使ったスイートチリソース。その発想に惹かれて購入したのだが、食べてみてまたびっくり。辛さと甘味のバランスが絶妙で、この瓶を抱えて東南アジアを旅したい、と思ったほど。ちなみに、写真奥の粒マスタードも手作りだそう。こちらも空けるのが楽しみだ。
f0003871_19481178.jpg

このソースを食べたいがために焼いたガイヤーンもどき。スイートチリソースは見た目の美しさも大切、その点もすばらしい。
[PR]
# by xizi62 | 2013-10-27 16:37 | 食材&調味料 | Comments(2)
2013年 10月 26日

愛媛のライム

先日、シークワーサーに接ぎ木する形で、マナオ(タイのライム)の栽培を試みている農家があるという記事を読んだ。日本は柑橘王国、南のほうならきっと東南アジアの柑橘も育つはず、と思っていたので、実際にそういう畑があることが分かって、なんだかうれしい。

シンガポールでは、メキシカンライムの香りがするものは「ラージライム」、すだちくらいの大きさのライムは「カラマンシー」(あるいはスモールライム)と呼ばれ、どこのスーパーでも1年中売られている。カラマンシーは癖がないし、1回で使い切るのにちょうどよい大きさなので、かなり重宝した。ポン酢もこの柑橘で作っていたくらいだ。
f0003871_18145852.jpg

タイの「マナオ」がどちらのことを指すのか、いまだに分かっていない私なのだが、味からいえば、カラマンシーはなんとか代用が利くけれど、ラージライムはやっぱりあの香りが命。日本でも新鮮なものが手に入るとうれしい。

と思っていた矢先に、「しまたい食堂」なるイベントにて、愛媛の上島諸島産のライムに遭遇。
f0003871_18253495.jpg

予想以上によい香り、しかも今の季節が旬のまっただ中とのこと。なんといううれしい出合いなんだろう。

このイベントのメイン、下関崇子さんのタイ料理がまたよかった。毎日食べても飽きない「ケ」の料理を愛する私としては、まさにツボ!な味ばかり。下関さんの著書「バンコク『そうざい屋台』食べつくし」には、名前も知らないけれどよく食べた料理とか、なんとなく買ってみたお菓子など何でも載っていて、見ているだけで頬が緩む。
f0003871_18285878.jpg

[PR]
# by xizi62 | 2013-10-26 17:09 | 食材&調味料 | Comments(0)