シンガポールと東京のだいどころで
by xizi62
2013年 12月 14日

ベジサンドが好きだった

またまた食べものの温度の話。

先日、カフェでベジサンドを頼んだら、パンも野菜も冷たくて、なんだか寒々しい気持ちになってしまった。ああ、だから日本ではあまりベジサンドを食べなかったのだなあ、と思い出す。冷蔵庫から出したばかりの新鮮野菜、おいしいはずなのだけど、この季節は少々つらい。
f0003871_18570066.jpg
こちらは、ボランティアガイドをしていたアジア文明博物館近くのカフェでよく頼んたベジサンド。ベジといってもチーズが程よく入っている(シンガポールは乳製品OKのベジタリアンが多いため)。野菜も、グリルしたズッキーニやナス、パプリカ、そしてルッコラがたっぷり。日本ではありそうにないサンドウィッチだ。冷たくもなく、熱くもなく、ちょうどいい感じ。

常夏のシンガポールには、常温という食文化があり、それがとても気に入っていたのはここここにも書いた通り。さて、四季のある日本では?夏には冷たいもの、冬には温かいもの、それがいいのだろうか。続きは次の記事で。






[PR]
by xizi62 | 2013-12-14 18:44 | 食べものの温度 | Comments(0)
2012年 10月 06日

食べものの温度を測ってみる

この1ヶ月、温度計でいろいろな食べものの「ぬるさ」をチェックしている私である。ちょうどよいと感じたみそ汁の温度は60度。55度でも「ぬるい」とは感じない。70度以上だと「熱い」。75度は「やけどする!」という感覚だ。例えばこの温度のコーヒーが、ラテの泡の中から出てくるのは、私にとってはつらい。

ただの水でも実験。室温の水は当然ながら28−30度くらい。ぬるめだけれど、明らかに水だ。36度になると水か湯か分からなくなり、40度は完全に湯と認識。50度以上あれば「温かい飲み物」になる感じ(なんとも感覚的な表現で申し訳ない)。なーんだ、基準は結局「人肌」なんだ・・と、当たり前といえば当たり前のことに気づく。口の中だけが特別に熱さに強いわけではないのだ。
f0003871_15594480.jpg

そういえば、帰国時にシュークリーム食べたさに寄った代官山のケーキ屋さんでは、種類によって温度を微妙に変えていて、なるほど!と感動。確かに、ケーキほど温度で食感や味わいが変わる食べものはないかもしれない。
[PR]
by xizi62 | 2012-10-06 16:19 | 食べものの温度 | Comments(2)
2012年 08月 05日

ぬるいのが好き

一時帰国中。日本のごはんを満喫する毎日。すっと胃におさまる料理が多くてうれしい。なのに、ときどき辛いものが食べたくなったり、インディカ米の香りが恋しくなったりするのには自分でもびっくり。胃は日本仕様、でも舌はすっかりシンガポールの食生活になじんだのだなあ、と感慨深い。

もうひとつ、あれ?と思ったのが、食べものの温度に対する感覚。日本にいると冷たいものを口にする機会が多い、というのは毎年感じていることだけど、今年気がついたのは、舌をやけどする確率も高いということ。みそ汁もコーヒーもまさに熱々。日本に住んでいたころは、そこに違和感などなかったのだが、シンガポールの「ぬるい」生活に慣れると、冷たすぎるものや熱すぎるものは、なんだか刺激が強いなあと感じてしまう。
f0003871_13243990.jpg

コーヒーは、ふうふうと一生懸命息を吹きかけなくても飲める程度。ジュースは冷えてはいるが、氷は入っていないことのほうが多い。インド料理のように手で食べるものは、限りなく常温に近い。いつの間にか、それが当たり前になり、今では家のごはんも冷めることを気にしなくなってしまったほど。この習慣を日本に持ち帰る勇気はさすがにないが、熱帯に住んでいる限り、この「ぬるさ」はきわめて快適だ。

料理によって、そして季節によって、料理の温度を変える。そういう繊細さをもっている日本人だからこそ、「熱いものは熱く、冷たいものは冷たく」にこだわってきたのだと思う。でも、過度の熱さ・冷たさは、ある意味辛味と同じ刺激物、という気がする。適度に、例えばスパイスのごとく使いこなすのがよいと思うのだが。

・・と、いろいろな友人に話しているのだが、今のところ「体にはいいかもね」くらいの反応で、諸手を上げての賛成票はなし(笑)そういうものかもしれないなあ。
[PR]
by xizi62 | 2012-08-05 22:52 | 食べものの温度 | Comments(2)
2011年 12月 29日

最初の一口より後味。

今年は、料理をあまり作らない年だった。ブログを頻繁に更新しなかったのも、たぶんそのせい。「食」に気持ちが行かなかった理由はいろいろだけれど、ひとつ考えられるのは、料理ゴコロをくすぐる食材との出合いが少なかったからだと思う。

もちろん、食材に多少難があったって、工夫次第でおいしい料理は作れる、とは思う。でも、そのためには、かなり「がんばる」必要がある。なんとなく手間ひまかけて料理を作る気になれなかったのだな、今年は。まあ、まじめにだいどころに立たない分、他のことで忙しくも充実していたわけなので、それはそれでよしとする。

そんな年の暮れの、うれしい出来事。
f0003871_23564899.jpg

なんと、シンガポールに日本のお米屋さんができた。届いたお米は新米、そして精米日は前日。「割れ米が多いと、しゃもじに飯粒がつく」と、夏の帰国時に友人に連れられて行った和食やさんに教えてもらったばかりだが、なるほどこのお米、炊いたばかりならしゃもじが全くべたつかない。扱いは、北海道の「ゆめぴりか」と「ななつぼし」のみ。私が気に入ったのはななつぼしのほうだ。冷めてもおいしい。甘いけれども、甘すぎない。比較的あっさりしているので、南国の気候にも合う。そして、後ろめたい気持ちにならずに済む価格設定(日本で食べていたお米の値段とほとんど変わらない!)。分づきも選べるし、生ぬかもおまけにつけてくれるといううれしいサービスも。

そしてもうひとつ。メゾン・ド・カイザーがやってきた。来星した3年前に比べれば、おいしいパンやさんはずいぶん増えたけれど、それでも求めているものとはやっぱりどこかが違う・・・ということを、ここのパンを食べて実感。もうすぐPAULも上陸、楽しくなりそうだ。

一口目に「うまい!」と思えるものは、シンガポールにあふれているけれど、家で毎日食べたいのは、スッキリとした後味を持つ料理。穀類好きの私、この米とパンの登場にかなり気持ちが盛り上がっている。来年は、きっと今年よりおいしい料理が作れる・・はず。
[PR]
by xizi62 | 2011-12-29 18:39 | 食材&調味料 | Comments(0)
2009年 04月 20日

麺とパンの歯ごたえ

先日、シンガポールで人気のあるドーナツ屋さんでドーナツを食べた。まるで綿菓子のような食感にびっくり。この国の人はやわらかい食べものが好きなんだなあ、とつくづく思う。例えば麺。初めてホッケンミーを食べたときには、どうしてもおいしいと思えなかった。パスタも頼りないほど歯ごたえがない店が多い。こちらの人の話によると、固い麺は「ちゃんと調理されていない」と感じるそうだ。

最初こそ閉口したが、これも文化の違いと思えるようになった。パスタはともかく、固いホッケンミーなんて、やっぱり食べたくない。煮込まれていない煮込みうどんのようなものだもの。それに、しこしこのワンタンミーやもちもちのローミー、というように、麺もそれぞれ個性があることにも気がついた。

東京の人が固い麺を好むのは、やわらかい=のびている、と感じるからなのだろうが、最近はそれがちょっと過剰になっているような気もする。パスタはイタリアで食べるそれより固めだし、うどんも讃岐系がダントツの人気(最近はそうでもないのかな?)。そばもラーメンも硬いほうがよしとされる。

要するに、麺のおいしさは、固いかやわらかいかだけではないのだな。

けれど、パンだけはどうにも慣れない。ふわふわのパンが嫌いなわけじゃない。だけど、手で握ったらそのまま固まってしまうような頼りないパンはどうも苦手。
f0003871_10364227.jpg

写真は、私がたくあん目当てに行くブキティマの自然食品店でみつけたThe Organic Bakerのパン。ライ麦入り長時間発酵のどっしり系。宅配もしてくれるらしい。Cedeleのパンや、Mさんに教えてもらったキリニーロードのFreshly baked by Le Bijouxに加えて、我が家の定番になりそう。
[PR]
by xizi62 | 2009-04-20 23:42 | 外で食べる&買う | Comments(0)
2008年 11月 12日

新米

所用あって一時帰国。日本の秋は、やはり格別である。なにもかもがおいしく、そして食べるほどに身が軽くなることに驚く。和食だけではない。パスタもケーキも、餃子もラーメンも、なにもかもがあっさりしている。まだ3ヶ月しか離れていないのに、そんなふうに感じてしまった。

でも、身が軽くなったのは、食事のせいだけではないだろう。湿熱のシンガポールから、寒くて乾燥した秋の日本へ。シンガポールで感じていた体の重さが消えると同時に、肌や気道は潤い不足でひりひりする。どちらがいいとか悪いとかではなく、気候が体に及ぼす影響が大きいこと、そして、「脾胃(消化器)は湿を嫌い、肺(呼吸器)は燥を嫌う」ことを実感。

乾燥した秋の空気の中で、ことのほかおいしく感じたのが白飯だ。会津の親戚が毎年送ってくれる特別なお米ではあるのだけれど、ここまで味が違うとは。漬物とみそ汁だけでも3杯はいける。シンガポールで食べているのも日本の米で、それなりにおいしいと思っていたのだが……。

でも、新米独特のもっちり感と甘みは、日本の秋にこそふさわしい。シンガポールの気候には、たぶん、さらりとしたお米が合う。ふだんこういうお米を食べているからこそ、新米がことさらおいしく感じるのかもしれないし。……かなり負け惜しみだけど、そう思うことにしよう。
f0003871_19325756.jpg

写真は会津の新米ではなく、シンガポールで購入した白米+十二穀米。器は水道橋の千鳥で購入したもの。手にしっくりとなじむ茶碗を使うだけで、おいしさ倍増。
[PR]
by xizi62 | 2008-11-12 23:23 | いつも食べているもの | Comments(0)