漢方薬のこと

「漢方薬って、長く飲まないと効かないんでしょう?」と、よく言われる。けれど、決してそんなことはない。たとえば、風邪をひいたとき。「ゆっくり効いて」いては間に合わないし、治ったとしても、それが自然治癒なのか、それとも漢方薬が何らかの形で関わっているのか、よく分からない。多くの人は「そういうものだ」と思っているし、「気休め」くらいにとらえられることも少なくない。

でも、これはある意味とても危険な考え方だと思う。漢方薬は、その人の体の状態に合ったものを選べば、必ず何らかの効果があるし、合わないものを飲めば、効かないどころか、逆に症状が悪化することもある。

知っている人も多いと思うが、「葛根湯」がよい例だ。体を温めながら発汗させる作用がある薬なので、「寒気がひどくて、汗がなかなか出ない」というときには向いている。けれど、のどの痛みや腫れがひどく、体がほてってしかたがないときには全くもって不向き。日本の漢方製剤は1包の量が少ないので、悪化するというよりも「効かない」という程度で済むだけの話。

だから、服用するときは「病名から漢方薬を探す」のではなく、「自分の体の中で起こっている原因を見極めて、漢方薬を選ぶ」という過程が必要だ。知識があればセルフケアにも活かせるけれど、自己判断は案外難しい。そんなときに頼りになるのが、漢方薬の使い方をきちんと分かっているお医者さんだ。

今、日本で、漢方薬が健康保険を外されるかもしれない事態となっている。例の事業仕分けである。「11月11日の行政刷新会議事業仕分けで、ワーキンググループ15人のうち11 人が賛成」という話に愕然とする。

確かに、無駄になっている漢方薬もじつは多いのかもしれない。しかし、医療費削減のために必要なのは、漢方薬を保険外にすることではなく、漢方薬を正しく使える医師を育て、漢方薬の無駄遣い&誤用を減らすことだと思う。今回のことが、漢方薬の現状について調査が進むきっかけになればよいけれど、まずは、その前にいきなり保険外などという事態にならないよう、願っている。

東洋医学会をはじめとする各団体が署名活動を行っている。日本国籍があれば、海外からの電子署名も可能。締切は11月30日(月)と12月7日(月)の2回。
http://kampo.umin.jp/

f0003871_1384711.jpg

写真は、左上から右回りにハスの実、緑豆、竜眼、黒豆、ハトムギ、枸杞の実。こんなふうに、食材でもある漢方薬の材料も、もちろんたくさんある。どこまでが法律上の「食品」で、どこからが「薬品」なのかという線引きも、一度大きな見直しが必要なのだと思う。この話はまたの機会に。


追記:この件に関し、出産ライターの河合蘭さんが、神戸の横田直美先生に取材し、とてもよい記事を書かれている。
「仕分け」で漢方が健康保険からはずれる?
Commented by あさこ at 2009-11-30 18:15 x
署名させてもらいました。
この金曜日に息子がインフルにかかりまして、薬を処方していただいた中に、
漢方だという喉の痛み止めがありました。
系子さんがいつも言っていたこの話を思い出していたところ。
あわただしい問診の中で見極めていただいたものなのか・・・。
Commented by xizi62 at 2009-12-02 01:09
息子さんのインフル、軽く済んでよかった!です(ブログみましたー)

「漢方薬を東洋医学の理論のもとで使う」という本来のあり方を軽視するべきではないけれど、現場の医師が臨床の場で漢方薬の確かな効果を感じて、というケースもたくさんあるのです。これも漢方薬の使われ方のひとつには違いありません。

それにしても、ドイツにいる日本人医師(ですよね?)が漢方薬を使う、というのは、おもしろいなあと思いました。日本のメーカーのものですか?あ、もしかすると生薬のタブレットかなにかなのかな。ドイツの厳しい薬事法上で効果が認められたもの、ということですよね? って、半分独り言ですので気にせずに(笑)
Commented by あさこ at 2009-12-02 17:29 x
よくよく箱を見てみたら、ホメオパシーって書いてあった。
う~ん。
Meditonsinて薬(レメディだね)です。
小瓶に入った液体だけど、水に10滴垂らして飲めって、
まさにホメオパシーじゃないかぁー。何で気づかなかったのだろうか(恥)。
Commented by xizi62 at 2009-12-03 00:06
いやいや、お医者さんに「漢方薬」といって渡されたら、そうだと思いますよね、ふつう。ドイツ語で書いてあるわけだし。あさこさん、よくぞ読んでくれました!
水に溶かす液体ということは、チンキタイプのレメディウムですね。西洋薬と一緒に処方するところが、とてもドイツらしい。それにしても、、、ホメオパシーは理論も使い方もまったく違うのに、なぜ「漢方薬」?? その日本人ドクターが「同じようなもの」という認識で使っていないことを祈ります。患者さんには詳しく説明する時間がないから、「のようなもの」と言っているのかも?(それも何ですが)
Commented by xizi62 at 2009-12-03 00:07
いやいや、お医者さんに「漢方薬」といって渡されたら、そうだと思いますよね、ふつう。ドイツ語で書いてあるわけだし。あさこさん、よくぞ読んでくれました!
水に溶かす液体ということは、チンキタイプのレメディウムですね。西洋薬と一緒に処方するところが、とてもドイツらしい。それにしても、、、ホメオパシーは理論も使い方もまったく違うのに、なぜ「漢方薬」?? その日本人ドクターが「同じようなもの」という認識で使っていないことを祈ります。患者さんには詳しく説明する時間がないから、「のようなもの」と言っているのかも?(それも何ですが)
by xizi62 | 2009-11-26 16:10 | 中医学ごはん&薬膳 | Comments(5)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子