明けましておめでとうございます

来星2度目の年明け。今年も多少の正月支度をして新年を迎えよう、と思っていたが、旧正月を祝うシンガポールで年末年始を意識するのは、なかなか難しい。小豆や黒豆、餅などは早めに購入したものの、気がついたら大晦日!という具合で、慌ててお正月のセッティング。一夜飾りで元旦は朝から思いっきり火を使い、と、かまどのカミサマにずいぶんと失礼な年始となってしまったが、なんとかお正月らしい朝を迎える。

今年は、満足のいくぶり雑煮を作ることができた。煮干しと昆布を水出しにして、最後にかつお節でだしをひいたのだが、これが大正解。どっしりとしすぎない、けれど、うまみたっぷり。汁ものにはちょうどよい。だしは素材に左右されると思っていたが、工夫次第でなんとかなるものだ。
f0003871_1564621.jpg

黒豆は、色よく煮るための錆びたクギも鉄鍋もなく、去年は浅い色の仕上がりとなってしまったので、最後の仕上げに南部鉄のフライパンに移して煮るという荒技を使ったところ、なんとか黒豆らしいツヤと色に。汁ごと食べられるよう久谷の御猪口に少しずつ。この御猪口は、夫の祖母である「大阪のおばあちゃん」の形見。たたずまいの美しい、そしてかわいらしい祖母が私は大好きで、関西出張時は顔が見たくて必ず寄っていた。毎回ほんの小半時ほどだったけれど、祖母の家で過ごしたおだやかな時間が思い出され、あたたかい気持ちになる。

おせち料理は特別な料理だ。いつもと手順が全く違う。だから、だいどころに立つだけで気分が変わる。日本で毎年過ごしていた夫の実家でのお正月、羽根つきに凧揚げを本気で楽しんでいた子どものころなどを次々と思い出す。元旦当日は、餅を焼くために何度も席を立ったり、普段使わない器の手入れにと忙しいけれど、そのせいか朝からたっぷり食べても胃がすっきり。これもだいどころ仕事の効用、と思うことにする。
Commented by よもぎ at 2010-01-05 14:01 x
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
もう2回目のシンガポールでの年越しなのですね。
時間が過ぎるのって早いですね!

年末年始は私の実家で過ごすので、
ここ何年もお正月の支度はあまりしてないです…
黒豆、日本で私が作るより美しいですよ!

アチャー、食べたことないので興味津々。ごまとピーナッツがもろ好みです。
パコラもおいしそう~。最近お豆に目覚めたので、よけいに食べたいです。旅行したときは知らなかったし気づかなかった…やっぱり生活するって素敵~。
セントーサは何年も前に行きましたが、もちろん日帰りでした。
暑かったことが一番記憶に残ってます。。。
またホテルレポート書いてくださ~い☆
今年も楽しみに読みます♪
Commented by xizi62 at 2010-01-06 11:36
よもぎさん、新年1号のコメントありがとう。今年もよろしく!です。
私も、日本にいたころは夫の実家で年越しをしていたので、おせちはほとんど作った経験しかないのですよ。義母の黒豆は絶品で、なんとかそれに少しでも近づこうとがんばってみましたー。

パコラはお店で食べると油がどうも……なのですが、自分で作るのは簡単でおいしい!ですよ。揚げ物が面倒でなければ、ですが(笑)

なにはともあれよもぎさん、こちらにいる間にぜひ遊びに来てくださいな!よもぎさんが好きそうなもの、たくさんあると思います。
Commented by はな at 2010-01-06 19:46 x
あけましておめでとうございます。
と、言っても昨日もお会いしましたが・・・。
黒豆、私も今年煮ましたが、鉄釘はなしで・・・。私は黒豆の色が浅いのはこっちで購入する豆のせいかと思っていましたが、鉄のせいなのですね!鉄のフライパンというのは実にいいアイデア!来年頂きます。鉄の中華なべではだめかなぁ。
Commented by xizi62 at 2010-01-09 00:11 x
はなさん、コメントありがとう。
戻した黒豆が南部鉄のフライパンに入り切らなかったので、私も一瞬、中華鍋は?と思ったんですが、なんだか煮ているうちに油が浮いてきそうなのでやめました(笑)
鉄鍋の酸化鉄効果、途中からでもまあまあOKというのは発見でした。真っ黒にはならなかったけど。でも、豆の違い、というのもあるかもしれませんね。私は日本の黒豆を使っちゃったので分からずじまいなのですが……。
Commented by monmon at 2010-01-15 12:08 x
あけましておめでとうございます。そしてはじめまして。
日経ヘルスで高島さんの書かれたコラムを読み、中医学や食養生について興味をもちました。
丁度2人目不妊で自分の身体を改善しようと試みているところです。
ブログ楽しみにしています、そしてとても役に立ちます。
私も主人の仕事でバンコクに住んでいたことがあるので、異国での生活を思い出しながら読んでいます。
体質的に血の巡りが悪く、血が少ないようなので黒い食材を取るように心がけています。だいどころlaboに掲載されているレシピで作ってみようと思っていますので、またレシピもヨロシクオネガイシマス。
Commented by xizi62 at 2010-01-15 15:43
monmonさん、はじめまして。コメントありがとうございます。共感しながら読んでいただけてうれしいです。
そういえば……最近、料理についてあまり書いてませんね、「だいどころLABO」なのに(笑)私の料理は本当にいい加減なものばかりなので、参考になるかどうか分かりませんが、また少しずつ載せていきたいと思ってます。今後ともよろしくお願いします。
by xizi62 | 2010-01-01 15:13 | その他の家庭料理 | Comments(6)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子