ディパバリランチ

今年のディパバリ(ヒンドゥー教のお祭り)は11月5日。この日が近づくと、インドの人たちはお互いの家を行き来して、パーティーを楽しむ。今年は私もスジャータさん宅のディパバリランチに参加させていただく。ディパバリは、ヒンドゥー教徒にとってお正月のようなものらしい。当日は寺院にお参りしたのち、家族でゆっくり過ごすという。縁起のよい日なのでギャンブルをする人も多いというあたり、なんだかチャイニーズニューイヤーとも似ている。

サモサとパコラ、グリーンマンゴージュースでしばし会話を楽しんだあと、6~7種類のカレーとビリヤニ、チャパティ等々をいただく。それにしても、どうしてこんなにおいしいのだろう。間違いなく今まで食べたインド料理の中でいちばんだと思う。いくつかは教えてもらって自分でも作れる……はずなのだが、うーん、基本的に何かが違う。自分で作ると絶対にこうはいかないのだ。
f0003871_17293138.jpg

先週は、コクリコさんに教えてもらったインド美容室でヘナ&ヘッドマッサージを受けたり、知りたいと思っていたジャイナ教の食について、お母さんがジャイナ教徒だという方に詳しく教えていただいたり。なんだかとてもインドな日々だった。近いうちに本物のインドにも行ってみたい。
Commented by コクリコ at 2010-11-13 14:11 x
インドな日々、羨ましいなあ。日本に帰るとね、deepahaliなんて、何のことやら。途端にインドって遠くなりますよ!南インド料理の店なんて、なかなかないし、インド人そのものの数が少ないし。シンガポールでうんとインド色を高めた後で、インド旅行したら楽しそうですね。私もインドに行きたい!
Commented by xizi62 at 2010-11-20 13:00
お返事遅くなってごめんなさい。
いつもパンジャブやスリランカ風の衣装をすてきに着こなしていたコクリコさんも、今は冬物を着てるんですよね。なんだか想像がつきません。
今週の水曜日はハリラヤ・ハジでした。これも日本だと遠い話・・ですよね。
by xizi62 | 2010-11-06 18:12 | インド料理 | Comments(2)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子