人気ブログランキング |

満月、タイプーサム

20日早朝。まだ暗い西の空に、赤い薄雲に包まれた丸い月が見える。今日は、タミル暦「タイ」月の満月の日。「タイプーサム」の日だ。南インドのタミル地方ではシヴァ神の次男(つまりガネーシャの弟)とされる、ムルガン神に捧げるお祭りである。

この日、願い事をかなえるために、あるいは願い事がかなったことを神に報告するために、人々は4.5キロの道のりを歩く。報道によれば、今年のエントリーは1万人とのこと。しかし、ただ歩くだけではない。なんと、鉄の串を背中に何本も差し、その串でカバディといわれる神輿を担いで歩くのだ。舌、頬に串を貫通させる人もいる。背中じゅうに鉤でライムをつける人もいる。
f0003871_17091782.jpg

今年は、出発地点のスリ・スリニバサ・ベルマル寺院でカバディの装着を、そして終着地点のスリ・タンダユパニ寺院で取り外しの様子をじっくりと見た。参加者は青年ばかりかと思っていたら、お年寄りも案外多い。子どもや女性は、ムルガンに捧げるミルクを頭に乗せて歩くことが多いが、中には頬や舌に串を差した女性の姿も……。とにかく恐ろしく危険なことをしているように見える。なのに、この明るさ、美しさはなんだろう?

苦行を終えたある男性に写真を撮らせてもらっていたら、家族の1人が「よかったら」と壺からカレーのようなものを分けてくれた。食べてみると、甘い。ジャックフルーツとバナナとマンゴで作ったという。この甘味で苦行の疲れを癒すのだろうか。なお、写真はスリ・スリニバサ・ベルマル寺院で人々に振る舞われていた食事。
f0003871_17091933.jpg


ちなみにこのタイプーサム、タミル地方独特のお祭りだが、すでに本国インドでは禁止されていて、現在はシンガポールとマレーシアでしか見ることができないそうだ。
Commented by あき at 2011-02-02 10:07 x
お久しぶりでございます。
タイプーサム、インドで禁止されているんですね!知りませんでした、、、、。

久しぶりにマレーシアへ行くことになりました:)無期限出張中の夫に会いに行きます、、、。
cny真っ只中の渡馬です。たいしたことはせず、BangsarにあるHammamに行ってみて、あとはお買い物、eye blow & upper lip threadingを久しぶりにやってきます:)
あのぬる~い空気、待ちきれません!
Commented by xizi62 at 2011-02-02 17:07
あきさん、インドでは危険すぎて禁止、というウワサも。それでもやっている人はいる、とも聞きます。個人的には、衛生環境の悪い国では、串を差すというこの行為、別のリスクもあるだろうなあと想像。ちなみにシンガポールでは、差す部分は一応消毒してあるようでしたが(針先に紙筒がかぶせてあった)、そこを素手で触っている人もみかけ・・・うーむ。

ところで、マレーシアに「無期限」出張中のご主人に会いに行かれるのですね。久しぶりのマレーシア、楽しみですね!またいろいろ聞かせてください。
by xizi62 | 2011-01-20 11:43 | インド料理 | Comments(2)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子