人気ブログランキング |

ブルネイ

今年の旧正月は、ブルネイへ。もともと王族が友人を招待するために作られたという、7つ星ホテルに泊まってみる(いつも思うのだが、星の数ってどうやって決めらているのだろう?)。

このホテル、どこもかしこも金ぴかなのだが、王室系ゴージャスとあって品がよい。部屋はそれほど広いわけではないが、そこかしこにスペースのゆとりが感じられる。日本人の発想にはない空間の使い方、これはなかなかおもしろい。スタッフはみんな明るい笑顔。けれども、みんなのんびりしている・・・こういう場所では、こちらものんびりするのがいちばん。

プール、ゴルフ場、映画館まで備えたこのホテルだが、他の国のリゾートとちょっと違うのは、イスラム国のためお酒が飲めないということ(ムスリム以外の外国人は申請すれば持ち込み可能)。お酒がないと、食事もあっという間に終わってしまう。そのせいか、ホテル内のレストランは今ひとつ落ち着かなかった。

街に出たのは最終日だけ。写真はカンポンアイル(水上集落)の“通学路”。
f0003871_17002098.jpg


ブルネイの水上生活者は、貧困で陸に住めないのではなく、好んで水の上に住んでいるのだそう。この水上集落の中に学校も消防署もモスクもある。陸に出るとき用に、岸には水上生活者の車がズラリ。産油国でガソリン代が安い(1リットル30ー40円)こともあるのか、車の保有率はかなり高いようだ。医療費は無料、所得税なし。資源豊富で豊かな暮らしの国、と聞く。けれどもシンガポールのそれとは明らかにタイプが違う。

ちなみに、ブルネイドルはシンガポールドルと等価交換されている。日本のガイドブックには「コインは不可」と書いてあったが、じつは、使えないのは金色の1ドルコインだけ。モスクを案内してもらったガイドさんの話によれば、ブルネイの金に混じり物が入り込まないように、という理由からだそうだ。

今回の旅、何もしないまま帰ってきてしまった気がして、ちょっと落ち着かない。けれど、知らない場所に行くのはやっぱり楽しい。アジアならどこでも、気軽にふらっと出かけていけるシンガポール住まい。今年もあちこち足を伸ばしてみたい。
Commented by あき at 2011-02-21 14:39 x
ブルネイ、近いのに結局行きませんでした、、何だかミステリアスな場所ですよね!
日本は曇りや雨が多く、南国が恋しいです~~!
Commented by xizi62 at 2011-02-25 15:09
こちらは雨期が明け、いよいよ南国らしくなってきました。今年の初めはまるで日本の梅雨?という天気が続いたので、暑かろうがなんだろうが晴れがうれしいです。日本もそろそろ春ですね。桜、見たいなあ・・
by xizi62 | 2011-02-08 11:21 | その他 | Comments(2)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子