正のスパイラル

シンガポールでできること、そんなに多くはないけれど、今日もきのうもおとといも、毎日この島全体が日本を応援している。それにしても、日本人はなんて繊細な舌、そして器用な手先を持っているんだろう。急に話が決まって、販売するケーキやら巻きずしやらを持ち寄っても、みんなちゃんとおいしい。今日おじゃました、miyoさん&Chikaさん主催のチャリティでいただいたそば飯おにぎりとたこ焼きも、なんとも気持ち和むおいしさ。たくさんの赤ちゃんや妊婦さんの笑顔もうれしい。

チャリティイベントのことを、私は今まで少し誤解していたかもしれない。学生主催ならもちろん納得、けれども、経済力のある大人なら、直接義援金を集めるほうが効率的な気がしていたのだ。でも、違う。人のエネルギーがあってこそお金も集まるのだということ、そして、チャリティはやる側をも元気にしてくれるのだということを、今回しみじみ感じている。それに、募金と違って、チャリティで買うもの、食べるものは、個人消費の一環。どこでお金を使うかの違いだけだから、何回でも参加できる。そこで新たな出会いがあったりして、ご縁が広がっていくのもいい。
f0003871_16425982.jpg

プロフェショナルな人たちもどんどん動いている。日本人会のチャリティバザーで購入したカップケーキがあまりにもおいしくて驚いたのだが、これは西山さんというお菓子の先生が生徒さんと焼いたものだそう。パッケージもなんてかわいいんだろう。
f0003871_16430647.jpg

シンガポールのナイトスポットであるボートキーでは、先週末、日系イタリアンレストラン、ル・オペレッタの呼びかけでチャリティイベントが行われた。こちらでいただいたナポリピッツァには絶句。こんなにおいしいピッツァがシンガポールで食べられることを、うかつにも知らなかった私。

「おいしい」は人を笑顔にする。笑顔は笑顔を呼び、エネルギーを生み出す。さあ、私もできることをがんばろう。そして、ちょっぴりそっちのけになっていた仕事も、ちゃんと前に進めよう。
Commented by miyo at 2011-03-31 00:17 x
みんな、きっと高島さんのお言葉を聞いたら
喜ぶと思います。
ご協力、心より感謝申し上げます。
Commented by xizi62 at 2011-04-01 13:02
miyoさん、お疲れのところコメント&メールありがとう!です。
こちらこそ、すてきな企画をありがとうございました。お母さんたちがほっこりできる場、こういうときだからこそ大切ってことを改めて教えてもらった思いです。週末はゆっくり休んでくださいねー。
by xizi62 | 2011-03-29 14:54 | その他 | Comments(2)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子