文庫版「妊婦は太っちゃいけないの?」

7年前に書いた妊娠・出産+中医学の本、「妊婦は太っちゃいけないの?」が、6月に新潮文庫入り。今回の表紙はこんな感じ。
f0003871_13452850.jpg

基本的な構成は単行本と同じだが、妊娠高血圧症候群や妊娠中の体重増加についての考え方など、2004年以降に新しくなった情報に関して加筆・修正している。じっさい、このあたり(特に体重)は妊娠・出産をとりまく事情として、かなり大きな変化だと思う。

書き手である私も、この7年でずいぶん考え方が変わった。元原稿をじっくり読み返し、ちょっと息苦しいなあと思うところ、いやこれは違うでしょ、と思うところは大きく修正したつもり。それでも、本筋にさして影響がないのは、何千年もの間に積み重ねられた知恵がベースになっているからだろう。

文庫版あとがきにも書いたけれど、妊娠・出産は自然体がいちばん。「自然」を追いかけすぎて自然体でなくなってしまう、なんてことは、案外現代のお産にありがちだと思う。でも、そういう自分も受け入れて、自然体でしか付き合いようのない子どもと一緒に、母も大きくなっていくんだよね。

妊娠中、何かしら不安になったり困ったりしたとき、「こういう考え方もあるんだな」と、気楽に読んでもらえたうれしい。
by xizi62 | 2011-06-11 13:55 | お知らせ | Comments(0)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子