ぬか漬け

毎年夏限定のぬか漬け。私が漬けるのは、潔くキュウリだけ。だって、ぬか漬けはキュウリがいちばんおいしいから。
キュウリ1本しか入らないけれど、冷蔵庫の野菜室に収まる、小さな器で漬けている。室温で漬けていた年もあったけれど、すぐにぬか床がヘタる。野菜室の4℃という温度帯は、キムチの発酵に適した温度だと聞き、じゃあぬか漬けも……と思い切って中に入れたら、これが大正解。
乳酸菌のよい香りがずっと続く、とてもおいしいぬか床になった。

もうひとつのポイントは、アーモンドプードルと煮干しを入れること。これは、友人のケーキ作りの師匠である弓田亨さんに教わった。最初聞いたときは驚いたが、恐る恐るアーモンドプードルを入れたら、ものすごい勢いで発酵し、ぬか床がぷーっと膨れたのにはもっと驚いた。いわゆる「湧き」(味噌でも起こる。酵母が多すぎて起こる現象)、である。
以来、ぬか床にはアーモンドプードルを欠かさない。そして、4℃の野菜室も。
f0003871_22433454.jpg

今年も、キュウリがちょっぴり苦く感じる季節になってきた。秋風が吹き始めて、キュウリの味が変わったのか、それとも体がキュウリを欲しなくなってきたからなのか。

そろそろ今年も、ぬか漬け終了。
by xizi62 | 2007-09-12 22:58 | いつも食べているもの

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子