和食で暮らすということ

海外で和食中心の食生活を送ることに、まったく抵抗がないわけではない。「他の国に行ってまで和食をたべたいとは思わない」と思っていた時期もあったし、生活するからには、その土地の環境や風土にあった食事がいちばん、とも思う。

けれど、誰もが自国の文化を守りつつ暮らしているこの国では、ニッポン人である私が和食で暮らすのは当たり前のこと!と、胸を張りたくなるときもある。
f0003871_16412825.jpg

和食といえば、欠かせないのが漬物。米ぬかは持参(日系スーパーにも売られている)、そして、マレーシアで作られている日本種のきゅうりが新鮮でおいしいということが分かったので、こちらに来てすぐにぬか漬けを始めた。日本では5〜9月限定だったけれど、常夏のシンガポールでなら1年中楽しめそう。

しかし、梅干しとたくあんは苦戦。日本人の多いシンガポールなら、梅干しは簡単に手に入るだろうと思っていたのだが、日系スーパーでみかけるのは、はちみつや甘味料が入ったものばかり。梅干しは酸っぱくてしょっぱいのがいいの!と思っている私には、どうにも物足りない。たくあんも同様で、真黄色で甘ったるいものに手を伸ばす気にはなれない。

と思っていたら、意外なところで「ほんもの」の梅干し発見。日本の会社が輸出用に作っているマクロビアン向けの商品で、他にも、甘味料なしの白みそや、しょうゆできりっと仕上げたおせんべいなどがある。欧米経由で入ってきているのかもしれない……と思うと、ちょっと複雑な気分になる。

そしてとうとう今日は、糠と塩、唐辛子だけで漬けたたくあんを自然食品店で発見。ちょっと漬かり過ぎた感じではあったけれど(買う人、いないんだろうなあ……)、この香りは、本物。

それで思い出したのだが、10年ほど前にサンパウロの和食店で食べたぬか漬けとたくあんは本当においしかった。みそ汁も、おにぎりも、すべてがちゃんとしていた。移民した人たちが、しっかりと伝統食を守っていることに感動を覚え、少なからずショックも受けた。

海外で和食生活を送るからこそ、伝統食品はたいせつにしたいと思う。そして、他の国の人にも、日本の伝統食はまず本物を味わって欲しい。口に合う・合わないはまた別の話。本物あってこそのアレンジだと思うんだけどなあ。
Commented by よもぎ at 2008-10-05 18:14 x
サンパウロの、
ただ単に「海外でおいしい和食を食べた」というのではないエピソードは
本当にいいお話ですね!
日本人は日本で育ったからだを持っているから、外国で暮らしても
やっぱり和食を食べる方があってるとおもいます。
って気づいたのは最近なんですけど。

「お泊まりキャンプ」がよーやく終わりました!
長かったです…
Commented by たんげ at 2008-10-06 01:29 x
和食は何がいいかって、素材の味を大事にしつつ、
シンプルな調味料で無駄なく美味しく作るってとこですよね。
和食の伝統の美味しさを守りつつ、
高島さんがシンガポールで暮らしている事で
『高島さん流の新しい和食』もきっとこれから生まれるんでしょうね。
Commented by あさこ at 2008-10-06 04:14 x
こんにちは。
瑞々しいきゅうりやオクラ、うらやましいわ~。
若い頃は私も貴女とおなじで「海外で和食?!」という部類でしたが
DNAはごまかせない。
今は、上手に共存してゆければな、と思います。
ところでマクロのお店(又はBIO系)にいけば、もしかしたらここ独逸でも
出汁入りではない美味しい味噌が見つかるかも。いいヒントをありがとう。
でも、あるかな、お店。
Commented by xizi62 at 2008-10-06 23:11
そう、結局体が欲するんですよね、和食を。「中医学で一汁三菜」というこのブログのコンセプトも、そんなところから生まれました。中医学だからって、中国料理やコテコテの薬膳じゃなくていいんだよ、日本人には日本人の「中医学ごはん」があるはずだから、って。

たんげさんの「シンプルな調味料で無駄なくおいしく」が和食の身上というのも、確かにそうだなあ、って思います。単に素材を味わうだけなら、塩だけでよさそうなところを、しょうゆや味噌など複雑な発酵を経た調味料を使って(さらには出汁まで!)、野菜のおいしさを引き立てている。これって、考えてみるとスゴイことだと思います。自慢してよい文化ですよね!

だからこそ、しょうゆや味噌はおいしいものを選びたいけど、海外だとこれがなかなか……。あさこさんも苦労してるのね。こっちでみつけた白みそやおせんべいは、全く同じものをNYでも見たので、ドイツでもみつかるかもしれません。
Commented by xizi62 at 2008-10-06 23:12
そうそう、料理の○○流は大いに歓迎!な私です。だって、みんなおんなじ味じゃつまらないもの。その地域の味、その家の味。そういうのを伝えていけたらいいなあ、と思います。
by xizi62 | 2008-10-05 16:44 | いつも食べているもの | Comments(5)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子