人気ブログランキング |

気に入っている野菜

シンガポールで生活を始めて2ヶ月。四季のない国だから、一年中同じ野菜がスーパーに並ぶのかと思っていたが、この間だけでも微妙に顔ぶれが変わっていることに気づく。本当の意味での「旬」が味わえないのは寂しいけれど、赤道直下の国で、日本の秋、オーストラリアの春に思いを馳せることができるのもまた一興。あれほど探してもなかった冬瓜も、このところよくみかける。ころんと丸い形なので見逃していただけなのかもしれないが。
f0003871_234249.jpg

冬瓜の手前にあるのは、こちらではとてもポピュラーな柑橘類。「ライム」として売られているが、メキシカンライムのような独特の香りはない。皮が薄くてとてもジューシー。酸味はほどよく、甘味もある。私が知っている柑橘では、シークワーサーにいちばん近い。どんな料理にも合うので、かなり重宝している。ベトナムでフォーに添えるのも、もしかするとこの種のライムなのかな?

そして、最近のいちばんのお気に入りが、Bangkuangという名で売られている野菜。一見ジャガイモのようだけれど、皮をむくと山芋かナシのような白い肌が出てくる。甘味があり、しゃきしゃきとしていておいしい。Chinese turnip(カブ)という呼び方もあるようだけれど、日本のカブとはまったく違う食感。イモかレンコンに近い気がする。こちらで購入したシンガポール料理の本によると、もともとは南米の野菜で、アメリカではJicamaと呼ばれているらしい。メキシコ料理にも使われるそうで。知らなかった!

このBangkuangと初めて出合ったのは、ポピアという料理。その話は、次の記事にて。


追記:
コメントをヒントに調べてみたところ、Bangkuangの和名はクズイモだということが判明(たぶん)。ラテン名はPachyrhizus erosus (L.) Urban、これで合っているとしたら、中国名は豆薯、地瓜、涼瓜など。マメ科の植物で、根っこに芋ができるから「豆薯」(「中国食物事典」より)なのだそうだ。クズイモという名は、葉が葛に似ているから、ということらしい。

「中葯大辞典」によると、生津止渇(体のうるおいである「津液」を増やし、渇きを止める)作用があり、味は甘、性は涼。コメントにあった「暑いときに食べるとよい」というのは、まさに!と思った次第。
Commented by よもぎ at 2008-10-15 23:25 x
おー、そうです! ベトナム語ではチャインといって、レモンとかライムとか訳されてますが、どちらもちがうよなーって思ってました。今度シークワーサーを試して比べてみます!
チャインは半分に切って、しぼって、飲みます。ソーダや水で割りますが、味付けは砂糖でも塩でも両方いけます。
お芋みたいなのもベトナムで見かけます。おいしいですよね。しゃりしゃりしてて、暑いときに食べるといいって聞いたような…日本では見かけないのでとても懐かしいです。ちなみにベトナム語ではスーハオと言って、英語に訳すとkohirabi(コールラビ、カブカンラン)だそうです。球茎甘藍、カブキャベツ…
あー食べたい。
Commented by よっこ at 2008-10-16 17:57 x
シンガポールの旬、興味深いです。
芋のようなもの、肌荒れのコールラビ、という感じがしますね。

日本では生落花生の時期が終わって
食用菊が店頭に並びだした頃。
秋まっさかり!という感じですよ。




Commented by xizi62 at 2008-10-17 19:34
ライム、やはりそうでしたか!東京のベトナム料理屋さんで、メキシカンライムがついてくるお店があるのですが、なんとなーく味に違和感があり……。こっちの「ライム」のほうが合いますよね。よもぎさんありがとう!
塩で味付けしたジュースというのもいいですね。汗をかく季節(というか、こちらは1年中だけど)にはぴったりかも。今度やってみます。


Commented by xizi62 at 2008-10-17 19:51
コールラビ、数回しか食べたことがありませんが、カリフラワーやブロッコリーの芯みたいな食感だった記憶が……。違いましたっけ? >よっこさん

Bangkuangは、今までに食べたことがない食感なんですよ。ベトナムのスーハオと同じなのか違うのか。
うー、気になる!ちなみに、ベトナムではどんな料理に? >よもぎさん

生落花生に菊花。もうそんな季節なのですね。菊花のお浸しやくるみ合え、大好きです!こちらでは残念ながらみかけたことがありません。菊花茶の菊花なら、どこにでもあるんですけどね。
Commented by よもぎ at 2008-10-20 07:27 x
勘違いしてました! 
写真のお芋みたいなのは、クーダウでした。屋台でごろごろ売られていて、
皮を剥いたままそのままシャリシャリ食べます。おやつです。
料理に使うとしても、千切りサラダとか。生の食感を楽しみます。
英語では jicama(ヒーカマ)というそうなので、 Bangkuangですよね?きっと。
私が勘違いしていたスーハオはコールラビ。炒め物にされます(牡蠣油とかで)。
どうもすいません…

昨日はロカボロまつりに行ってきました~☆
Commented by xizi62 at 2008-10-20 12:10
クーダウ、というのですか! そして「おやつ」とは!!びっくりです。
皮をむくとぬる感(ハヤトウリのような)が手に残るので、生食には向かないかな、と勝手に思っていました。今度生で食べてみます。スーハオとかクーダウって、なんだか漢字が当てはまりそうですね。
Commented by xizi62 at 2008-10-21 11:26
よもぎさんのコメントをヒントに、ちょっと調べてみました。せっかくなので、詳細を追記します。このあたりはよっこさんの得意分野でもありますね!クズイモ、日本でも作っているところがあるようです。もし情報があったらぜひー。
Commented by よもぎ at 2008-10-21 21:32 x
お、鋭い! クーダウのダウは豆と漢字で書けます。クーは根っこの部分を食べる野菜につけることば。ちなみに豆腐はダウフーと言います。シンガポールの中華街でこのまま通じました(笑)。
で、クーダウの料理法追加。最近はあまり見かけないようですが、揚げ春巻きにみじん切りにして入れるとシャリシャリ感がたまらないそうですよ! 水分もあまり出ず、おいしいそうです。
そして、料理法ではないのですが、お肌のパックに使うといいとか!
追記にあった「生津止渇」の働きでしょうか。秋になって(ベトナムにも四季があるんです)肌がとっても乾く時期があるのでその頃使われるそうです。ただ、最近では化粧品が普及してますからあまり見かけないかもしれません。
Commented by xizi62 at 2008-10-23 12:06
クーダウ=豆の根っこ。まさにそのもの、というネーミングだったのですね。勉強になります!ダウフーはほとんどそのまま中国語ですね。ってことは、クーダウもダウフーも「ダ」にアクセントかな?

揚げ春巻、とてもいいアイデア!さっそくやってみます。あ、生で食べてみましたよ。甘い!繊維の多い梨という感じ?これは確かに野菜というより果物ですね。
by xizi62 | 2008-10-13 23:15 | 食材&調味料 | Comments(9)

東京とシンガポールのだいどころで


by 高島系子